088-683-0112

地域密着型経営のススメ -人口減少対策は進めていますか?- 12

地域密着型経営のススメ
-人口減少対策は進めていますか?-

第12回目
地域情報サイトを運営
地域の人や事業者と共に成長する仕組作り

 自身や自社の強みはお持ちでしょうか? そしてその強みを保険の仕事に活かすことができていますでしょうか?

 弊社の場合、自社で開発・販売をしている保険代理店専用の顧客管理システム「MIC-ViewSystem(ビューシステム)」を活用し、長年蓄積してきたお客様の情報をもとに、より具体的な提案や、迅速で細かいフォローを可能としているのが1点目です。こちらのビューシステムにつきましては、とある代理店様が改正保険業法対策や自社の活用方法をご紹介していただいたことで、お問い合わせや導入される代理店様が増えてきております。ホームページからお気軽にお問い合わせください。
※MIC-ViewSystem(ビューシステム) https://www.viewsystem.co.jp/lp/

 2点目は私の住む地域である徳島県鳴門市にて、ポータルサイト(鳴門総合情報サイト-鳴との門-)を運営している点です。ご契約をいただく方との出会いは、その人・その会社によって様々かと思いますが、弊社の場合はこれが大きな窓口・ツールであり財産です。運営開始の前年である1999年、かつて大賑わいだったはずの寂れた商店街をネット上から盛り上げていきたいというのがきっかけでした。初めはインターネットが認知や普及されていない時でしたので苦労は多かったですが、徐々に応援者や賛同者が増え、どちらかと言うと今や保険代理店よりそちらの認知度の方が高くなってしまっています(笑)
※鳴門総合情報サイト-鳴との門- http://www.naruto-mon.jp/

 そんなポータルサイトの運営が強みであり、地域密着型経営における一つの展開策として、地域や地域の事業者様と共に成長し合う仕組みとなります。現在は750件近くのお店・企業・団体様の掲載があり、紹介しているページを自由に更新できるようにしています。そのサイト運営による出会いがきっかけで、保険をPRできますし、ご契約してくださっていることも少なくありません。

 そもそも、保険の仕事は情報を扱う仕事であり、情報が集まってくる仕事かと思います。噂好きは全国どこへ行っても田舎特有の風土でしょうか?

 私の住む徳島の場合ですと、「あそこに建築中の建物は何か」、「あそこの子はどんな人と結婚した」といった情報が自然と流れてきたりします。そういった情報をどう活かすかはその人・その会社によって違う部分です。例えば、代協(徳島県損害保険代理業協会)仲間で、建築中やリフォーム中の物件を見つければすぐに飛び込む強者もいて、結構数字を上げているようです。彼は事業支援として経営者様の困り事を聴き出し、書類の作成等、知識と人脈で支援できることを強みとしています。さらに社労士の資格を取ろうと計画し、その強みを強化すべく余念がないようです。

 保険以外もそうですが、ありきたりな商売をしていて生き残ることはほぼ不可能な時代になってきました。それぞれ独自に持つ強みや得意分野を活かした保険セールス及び代理店経営をしていくことが、人口減少のなかでも勝ち残っていく術でしょう。

第2967号(週刊)  新日本保険新聞[生保版]2017年4月10日

過去のコラムは以下のとおりです。
第1回目 住んでいる町が消えてしまう・・・変化に適応した行動が急務
第2回目 地元ケーブルテレビにレギュラー出演 地域想う同世代の同志との出逢い
第3回目 縦や横のつながりの重要性増す SNSの積極活用で人間関係構築が容易に
第4回目 自社自身の人脈を地域に活かす「あの会社でなければ」と言われるために
第5回目 お客様の顔と名前どこまで覚えています 相手を想う挨拶 些細な会話が原点
第6回目 将来が心配な世帯増加 生保商品の必要性さらに高まる
第7回目 代理店の持つ人脈活用に期待 これまで以上のネットワーク構築が必要
第8回目 顧客情報を自社システムで一元管理 対応履歴こそが最大の財産 細かなやり取りを
第9回目 顧客情報の蓄積、データ化が命運握る 他業種との提携強化で収入源が変化
第10回目 5月には改正個人情報保護法が全面施行 机の上に個人情報記載の書類が・・・
第11回目 志を持つ地域の若手経営者とコラボ企画 新生活がスタートする今が好機
第12回目 地域情報サイトを運営 地域の人や事業者と共に成長する仕組作り
第13回目 人が来たくなるコンテンツは何か?
第14回目 他業種との積極的交流を 地域の中小企業経営者を獲得する
第15回目 保険でお客様の金銭的問題を解決する お金の大切さについて周知しよう
第16回目 顧客数増やす地道な努力 21世紀は分かち合う時代 『対面』の価値をいかに提供するか
第17回目 電子データの活用で広がる顧客からの感謝の幅 情報は代理店にとりかけがえのない「財産」 くれぐれも宝の持ち腐れにせぬように
第18回目 新たな収益源の確保を 自治体との“連携”をキーワードに
第19回目 保険とゴルフの相関関係 よろず屋でありコンサルタント 環境悪化しても必ず活路はある
第20回目 人こそが最大の商材 保険営業マンは頼られる「職人」
第21回目 代理店における採用活動を考える 自由度の高い保険ビジネスの魅力
第22回目 この十数年で業界、社会環境激変 今の業務フローに常に疑問持ち続け
第23回目 AIに取って代わられるのか? 保険の素晴らしさを再認識 保険の仕事は商品よりも人 人と人とが信頼しつながることで成り立つ

ページ上部へ戻る