088-683-0112

地域密着型経営のススメ -人口減少対策は進めていますか?- 13

地域密着型経営のススメ
-人口減少対策は進めていますか?-

第13回目
人が来たくなるコンテンツは何か?

 お客様が減ったのは人口が減ったせいか、それとも立地(場所)が悪いせいか、はたまた認知度が少ないせいか。保険代理店にとって、果たしてそれらは重要なのでしょうか。

 地域ごとで様々なご商売の形があり、人口・立地・認知度等に関係することも多いかと思いますが、今回はそういった考察についてコラムにします。

 先日、地元の飲食店主の方と町のことについてディスカッションしていた話の一部をご紹介します。

 閑静な住宅街にある東京のとある理容室の話です。そこを出入りされるのは近所の老若男女だけでなく、洋服好きやスケーターも集い、感度の高い人々が居心地の良い空間として来ていただけるようなスポットを目指しているようです。そして訪れた人がそれぞれのカッコいいヘアスタイルを生み出す場所はもちろんのことです。

 このようにコンセプトがしっかりとしていて、時代やトレンド、色んなことに左右されることのない誰もが気軽に立ち寄れるお店は、人口や立地に関係無く認知度を生み、好きな人がわざわざ来たくなるコンテンツがあります。

 確かに理容室での1~2時間、自分にとって好きなことを共感しながら会話ができることって本当に充実した時間ですよね。少々自宅から距離があったとしても、好きなコトやモノのために時間を使う人って結構いらっしゃいますので、お店やお客様にとっても、さらに町にとってもプラスになります。やはり何かに特化をしているということは、人口や立地に関係無く自社や地域にとって強いと言えるでしょう。

 この考えを保険代理店に応用してみると、代理店がどんなコンセプトで運営していくかは大事な要素です。逆にお客様は代理店に何を求めるのでしょうか。単に保障(補償)を提供するだけなら、わざわざ遠方の代理店まで足を運んでくれるでしょうか。近場の代理店なり、仕事場に来てくれるセールスパーソンで十分でしょう。もっと言えば、ネットで簡単に保障は確保することもできます。

 ここに来たい、ここに入ってみたい、ここでコーヒーを飲みたい、ここで相談したい、この情報が聞きたい…など、遠くてもわざわざ来たくなるコンテンツは貴社にとって何でしょうか?

 以前にビューシステムのお問い合わせをいただきました保険代理店様で、話を聞いていると○○業に特化をし、全国の○○業の会社に紹介を貰いながら賠責を販売しているとのことで、出向いてはいるもののオリジナルの強みをしっかりとお持ちでした。軌道に乗るまでにかなり勉強されたようですが、人口が減少したとしても余程のことが無い限り今後も勝ち残っていくことでしょう。

 このように、人口減少対策でもあり、自社や地域を良くしていくための1つのキーワードは、「ローカルエリア&ハイクオリティ」と考えます。場所を問わず人を呼ぶ、人に紹介されるコンテンツを持ち合わせておくことは非常に強いです。

 堅実な経営ももちろん大切ですが、枠にとらわれないクリエイティブで柔軟な発想は、全く繋がりそうにない世にあるコトやモノの組み合わせ、応用から生まれ、それが新しい時代を生き抜く能力であることは間違いなさそうです。

第2972号(週刊)  新日本保険新聞[生保版]2017年5月15日

過去のコラムは以下のとおりです。
第1回目 住んでいる町が消えてしまう・・・変化に適応した行動が急務
第2回目 地元ケーブルテレビにレギュラー出演 地域想う同世代の同志との出逢い
第3回目 縦や横のつながりの重要性増す SNSの積極活用で人間関係構築が容易に
第4回目 自社自身の人脈を地域に活かす「あの会社でなければ」と言われるために
第5回目 お客様の顔と名前どこまで覚えています 相手を想う挨拶 些細な会話が原点
第6回目 将来が心配な世帯増加 生保商品の必要性さらに高まる
第7回目 代理店の持つ人脈活用に期待 これまで以上のネットワーク構築が必要
第8回目 顧客情報を自社システムで一元管理 対応履歴こそが最大の財産 細かなやり取りを
第9回目 顧客情報の蓄積、データ化が命運握る 他業種との提携強化で収入源が変化
第10回目 5月には改正個人情報保護法が全面施行 机の上に個人情報記載の書類が・・・
第11回目 志を持つ地域の若手経営者とコラボ企画 新生活がスタートする今が好機
第12回目 地域情報サイトを運営 地域の人や事業者と共に成長する仕組作り
第13回目 人が来たくなるコンテンツは何か?
第14回目 他業種との積極的交流を 地域の中小企業経営者を獲得する
第15回目 保険でお客様の金銭的問題を解決する お金の大切さについて周知しよう
第16回目 顧客数増やす地道な努力 21世紀は分かち合う時代 『対面』の価値をいかに提供するか
第17回目 電子データの活用で広がる顧客からの感謝の幅 情報は代理店にとりかけがえのない「財産」 くれぐれも宝の持ち腐れにせぬように
第18回目 新たな収益源の確保を 自治体との“連携”をキーワードに
第19回目 保険とゴルフの相関関係 よろず屋でありコンサルタント 環境悪化しても必ず活路はある
第20回目 人こそが最大の商材 保険営業マンは頼られる「職人」
第21回目 代理店における採用活動を考える 自由度の高い保険ビジネスの魅力
第22回目 この十数年で業界、社会環境激変 今の業務フローに常に疑問持ち続け
第23回目 AIに取って代わられるのか? 保険の素晴らしさを再認識 保険の仕事は商品よりも人 人と人とが信頼しつながることで成り立つ
第24回目 近隣のハザードマップを用意していますか 顧客、知友人にもぜひともご案内を
第25回目 ビジネスに繋がる人間関係の構築を推奨 地域の団体やコミュニティに所属することは地域貢献
第26回目 さまざまな2018年問題 加速する子どもの減少 地域貢献としてセミナー、催しを積極開催
第27回目 自主的にコンプライアンス順守を徹底することが自らを守る 保険会社から親離れする時に 自ら考え行動することが急務
第28回目 強いチームは皆、同じ方向に向けて進んでいる 組織として機能し続けることが不可欠 強い組織には『イズム』がある

ページ上部へ戻る